温泉

日本最古の湯の恵みを
自由に楽しむ御湯めぐりの旅

全客室に備え付けられた客室露天風呂、
市街の夜景を一望する展望風呂、道後温泉本館をはじめとする3つの外湯。

思い思いのスタイルで、日本最古の道後の湯の癒しを
お楽しみください。

道後温泉について

Dogo hot spring

古くは万葉集、後には夏目漱石の「坊っちゃん」などにも描かれ、古来よりこの地を訪れる無数の人々を癒してき道後温泉。その優しくなめらかな泉質から「美人の湯」とも呼ばれ、時代を超えて愛され続けてきました。

アルカリ性単純泉の湯質はきめ細やかな日本人の肌に優しいなめらかなお湯で、刺激が少なく湯治や美容に適するほか、神経痛や胃腸病、痛風、貧血などを癒やす効能があるとされています。

▶道後温泉の歴史・泉質についてはこちら(外部サイト)

客室露天風呂

Private outdoor bath

道後の内湯創設に多大な貢献をした道後御湯の前身・宝荘ホテル。そこには、道後を訪れるお客さまに道後のお湯をもっと身近に、気軽に楽しんでいただきたいという思いがありました。

その思いを今に引き継ぎ、当館では全てのお部屋に専用の客室露天風呂を備えました。プライバシーに配慮しつつ大きめのテラスを併設したゆったりとした浴槽で、かけ流しの道後の湯を存分にお楽しみください。

展望風呂

City view spa

一面の大ガラスの向こうに松山の街とその向こうに広がる山々を一望にできる8階の展望風呂。ちょっと小ぶりながら、開放感溢れるお客さま専用の展望風呂です。

壁・床を覆う玄昌石の黒と十和田石の浴槽がリラックスできる落ち着いた空間を演出。松山十五万石の城下の夜景を眺めながら、ゆったりとおくつろぎ下さい(営業時間:6:00-10:00/15:00-24:00)。

施設概要
  • 露天風呂付き天然温泉展望風呂
    男女各1箇所(8階)
  • 洗い場(カラン)
    男女各4箇所
  • シャンプー
    コンディショナー
    ボディソープ
    バスタオル・フェイスタオル完備
展望風呂 営業時間
  • 朝 6:00〜10:00 | 夕 15:00〜24:00
ご利用について
  • 展望風呂はご宿泊者さま専用です。 宿泊者以外のご利用はできません 。
温泉の泉質・効能
  • アルカリ性単純泉の湯質はきめ細やかな日本人の肌に優しいなめらかなお湯で、刺激が少なく湯治や美容に適しています。
  • 温度:42度前後
  • その他、温泉成分・禁忌症・適応症等についてはこちら(松山市公式サイト内ページにリンクします)

道後の外湯

Public baths in Dogo Onsen

築120年を超える湯のまち道後のシンボル

道後温泉本館

聖徳太子の来浴に思いをはせる最新の湯屋

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉

親しみやすさで地元人気はNo.1

道後温泉 椿の湯

長い歴史を通して人々に愛され、文化を育んできた道後温泉。その中心には常に老若男女分けへだてなく迎え入れてきた「外湯」の存在がありました。

「道後温泉本館」「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)」「道後温泉椿の湯」の3つの外湯施設(源泉かけ流し)はいずれも当ホテルから徒歩3分圏内。橘の小紋をあしらった浴衣と湯かごをお供に、徒歩での湯巡りを気軽にお楽しみいただけます。

それぞれに個性あふれる新旧3つの施設で、心と身体をゆったりと癒やしながら伊予・松山の歴史や文化と湯の町・道後の空気に触れてみて下さい。

築120年を超える湯のまち道後のシンボル

道後温泉本館

日本の公衆浴場として初めて重要文化財に指定(1994年)されながら現役の公衆浴場として営業を続ける「道後温泉本館」。異なる様式の瓦屋根が折り重なる独特の構成や大屋根の中央に載る赤いギヤマンの振鷺閣など、一世紀以上ほとんど変わらないその姿は湯のまち・道後のシンボルです。銭湯感覚で楽しめる「神の湯」と特別感のある「霊の湯」の2つの浴室、湯上がりどころで涼みながら頂くお茶菓子など、温泉風情を五感で味わいながらお楽しみください。

道後温泉本館は2026年春まで(予定)の保存改修工事により一部のみの営業となっていますが、道後温泉の歴史絵巻を描いたラッピングアートなど、この大規模工事の間しか見られない姿もみることができます。保存改修工事の詳細・最新情報は道後温泉公式サイトにてご確認ください。

聖徳太子の来浴に思いをはせる最新の湯屋

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉

「太古の道後」をテーマに、愛媛の伝統工芸と最先端のアートを融合して道後温泉の歴史や物語を五感で感じることのできる、「最古にして最新」の道後温泉ならではの外湯施設「道後飛鳥乃湯泉」。

道後にまつわる5つの伝承を異なる意匠で表現した個室休憩室や道後温泉本館の皇室専用浴室「又新殿(ゆうしんでん)」を再現した特別浴室など、見どころが満載。本館にはない露天風呂も楽しめます。

親しみやすさで地元人気はNo.1

道後温泉 椿の湯

ゆったりとした構えと飾らない雰囲気で愛され続けている「椿の湯」。蔵屋敷風の独特な外観の中には10m近い高天井と3つの外湯の中で最大サイズの浴槽を備えた広々とした大浴場があります。

地元の人々の普段づかいの温泉としても愛され、古き良き「コミュニティの中心としての温泉」の雰囲気を感じられることもあって、ディープな道後ファンの中には「ここが一番」という人もいるとか。